博士論文一覧

(1996年以降) 

2013年度 

  1. 安野浩一朗:地震津波防災に関する研究
  2. 加島寛章:浅海域における暴波浪の特性解明と港湾・海岸構造物の設計法への応用

2012年度 

  1. 玉田 崇:高潮対策施設の選定法と海岸堤防・護岸への不規則波の打上げおよび越波算定法に関する研究
  2. 辻尾大樹:ライフサイクルコストを考慮した沿岸構造物の最適設計法に関する研究

2011年度 

  1. 木村雄一郎:津波・高潮対策用フラップゲート式可動防波堤の実用化研究

2009年度 

  1. Tracey Tom: Development of Wave Prediction and Virtual Bouy. Systems

2007年度 

  1. Sooyoul Kim (金 洙列): Effect of large tidal variation on storm surge in the western coastal sea of Korea (韓国西海岸における高潮に及ぼす大潮汐変動の影響)

2006年度 

  1. 津田宗男:衝撃波力を受けるケーソン壁の設計方法
  2. 池末俊一:非定常な自由水面波動に対する数値計算法の開発と浮体との連成運動への応用
  3. Fitri Riandini: Simulation Model for Cohesive Sediment Transport and Bottom Topography Changes in Estuary
  4. 江崎慶治:ケーソン式防波堤の安定性に及ぼすロングフーチングの効果に関する研究
  5. 徳渕克正:弾性材料を使用した浮体係留システムに関する研究

2004年度 

  1. 國富將嗣:高潮と高波の同時生起確率特性に関する研究
  2. Taemin Kim (金 泰民): New estimation of caisson sliding distance for improvement of breakwater reliability design

2003年度 

  1. 殿最浩司:海岸・港湾護岸の機能設計法に関する研究

2002年度 

  1. 安田誠宏:護岸の被災特性と洗掘機構に関する研究
  2. 平山克也:非線形不規則波を用いた数値計算と模型実験の港湾設計への活用に関する研究

2001年度 

  1. 路 明:上越・大潟海岸における広域海浜流系の観測と数理モデルに関する研究

2000年度 

  1. M.A.Hamzah: A Numerical Simulations of Tsunami Pressure Acting upon Coastal Barriers on Wet and Dry Lands (海岸堤防に作用する津波波圧に関する数値シュミレーション)

1998年度 

  1. Nining Sari Ningsih: Three-Dimensional Model for Coastal Ocean Circulation and Sea Floor Topography Changes : Application to the Java Sea (沿岸海洋での海水循環・海底地形変動予測モデルに関する研究:ジャワ海への適用)