志村 智也 (しむら ともや)

京都大学 防災研究所 沿岸災害研究分野
准教授

居室: 防災研究所 E-204D
Email: shimura.tomoya.2v@kyoto-u.ac.jp

経歴:

  • 2006年03月        山梨県立日川高校 卒業
  • 2010年03月        京都大学工学部地球工学科 卒業
  • 2012年03月        京都大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻(博士課程前期)修了
  • 2015年03月        京都大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻(博士課程後期)修了
  • 2012年04月 - 2015年03月 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
  • 2015年04月 - 2016年05月 日本学術振興会特別研究員 (PD)
  • 2016年06月 - 2020年03月 京都大学 防災研究所 特定助教
  • 2018年10月 - 2019年09月 オーストラリア連邦科学産業研究機構 客員研究員
  • 2020年04月 -       京都大学 防災研究所 准教授

論文(英文):

論文(和文):

  • 志村智也・森 信人(2019) 気候変動による日本周辺の波候スペクトルの将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.75, pp. I_1177-I_1182 .
  • Webb, A.・T. Shimura・ N. Mori(2019) Global Tropical Cyclone Track Detection and Analysis of the d4PDF Mega-ensemble Projection,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.75, pp. I_1207-I_1212.
  • 髙木雅史・森 信人・二宮順一・志村智也・内山雄介・馬場康之・水谷英朗・久保輝広・渡部靖憲・大塚淳一・山田朋人・猿渡亜由未 (2019) 砕波による海洋表層混合のパラメタリゼーションと台風に対する応答,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.75, pp. I_61-I_66.
  • 猿渡亜由未・大塚淳一・馬場康之・久保輝広・水谷英朗・志村智也・二宮順一・山田朋人・内山雄介・森 信人・渡部靖憲 (2019) 海中混入気泡による超音波後方散乱と熱輸送,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.75, pp. I_67-I_72.
  • 千綿 蒔・志村智也・二宮順一・森 信人 (2019) 日本周辺の極端波浪の統計的特性と気象・地形要因の関係,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.75, pp. I_97-I_102.
  • 金 洙列・森 信人・竹見哲也・澁谷容子・安田誠宏・中條壮大・志村智也・二宮順一(2019) 高潮・波浪結合モデルを用いた2018年台風21号による高潮・波浪の推算実験,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.75, pp. I_277-I_282.
  • 森 信人・竹見哲也・金 洙列・澁谷容子・安田誠宏・中條壮大・二宮順一・志村智也(2019) 高解像度大気モデルと高潮・波浪結合モデルを用いた2018年台風21号による高潮・波浪の予測実験,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.75, pp. I_283-I_288.
  • 澁谷容子・田口裕也・森 信人・志村智也(2019) JRA-55-waveによる汀線の再現計算と気候変動に伴う影響評価 -鳥取砂丘海岸への適応,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.75, pp. I_689-I_694.
  • 志村智也・森 信人 (2018) JRA-55にもとづく日本周辺の高解像度長期波浪推算と波候スペクトルの解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.74, pp. I_127-I_132 .
  • 浦野大介・志村智也・ 森 信人・水田 亮 (2018) 大気気候・スラブ海洋・波浪結合モデルにおける海水温低下バルク式を用いた台風強度特性,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.74, pp. I_1375-I_1380 .
  • 森 信人・志村智也・ 岸本理紗 (2018) 日本周辺の波高の長期変動特性と気候変動指数の関係,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.74, pp. I_133-I_138 .
  • Webb, A.・T. Shimura・ N. Mori (2018) A High-Resolution Future Wave Climate Projection for the Coastal Northwestern Atlantic,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.74, pp. I_1345-I_1350 .
  • 森 信人・志村智也・ Mark A. Hemer・Xiaolan Wang (2017) CMIP5にもとづく地球温暖化による高波の将来変化のアンサンブル予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.73, pp. I_115-I_120 .
  • 岸本理紗子・森 信人・志村智也・間瀬 肇 (2017) 海面気圧の主成分を考慮した統計的波高推定法の高度化と波高の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.73, pp. I_1411-I_1416.
  • Kamranzad, B.・N. Mori・T. Shimura (2017) Performances of Long-Term Wave Hindcasts in the Northern Indian Ocean,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.73, pp. I_157-I_162.
  • 志村智也・竹見哲也・森 信人・水田 亮 (2016) 全球大気気候-波浪結合モデルによる海面粗度を通した波浪の気候への影響評価,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.72, pp. I_1507-I_1512.
  • 森 信人・志村智也・吉田康平・水田 亮・岡田靖子・Khujanazarov Temur・石井正好・木本昌秀・高薮 出・中北英一 (2016) 全球60kmAGCMを用いた大規模アンサンブル気候予測実験とこれを用いた高潮長期評価,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.72, pp. I_1471-I_1476.
  • 岸本理紗子・森 信人・志村智也・安田誠宏・間瀬 肇 (2016) 海面気圧の主成分を考慮した全球の統計的波高推定手法の開発,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.72, pp. I_139-I_144.
  • 小坂田祐紀・澁谷 容子・森 信人・志村智也・黒岩正光・松原雄平 (2016) 気候変動に伴う波浪特性の変化が皆生海岸の地形に与える影響について,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.72, pp. I_847-I_852.
  • 志村智也・森 信人・Mark A. Hemer ・安田誠宏・間瀬 肇 (2015) 北太平洋における冬季の波候と大規模循環場の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.71, pp. I_1525-I_1530.
  • 森 信人・志村智也・Arun Chawla ・安田誠宏・間瀬 肇 (2015) JRA-55にもとづく長期波浪推算と波候特性の解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.71, pp. I_103-I_108.
  • 森 信人・岸本理紗子・志村智也・安田誠宏・間瀬 肇 (2015) 全球の統計的波高推定手法の開発と将来変化予測への応用,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.71, pp. I_1501-I_1506.
  • 志村智也・森 信人・安田誠宏・間瀬 肇 (2014) MRI-AGCM3.2Hアンサンブル実験にもとづく気候変動による極大波浪の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.70, pp. I_1266-I_1270.
  • 間瀬 肇・Tracey H. Tom・池本 藍・志村智也・安田誠宏・森 信人 (2014) 日本沿岸海域の風況・波浪マッピング,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.70, pp. I_115-I_120.
  • 志村智也・森 信人・安田誠宏・間瀬 肇 (2013) 海面水温アンサンブル実験に基づく波浪の将来変化傾向とその不確実性評価,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.69, pp.I_1266-I_1270.
  • 林健太郎・志村智也・森 信人・間瀬 肇 (2013):気候変動に伴う沿岸外力変化が汀線変化へ及ぼす影響評価―海面水温アンサンブル実験を用いた検討―,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.69,No.2, pp. I_778-783.
  • 志村智也・森信人・中條壮大・安田誠宏・間瀬肇 (2012) 北半球における波候変動とテレコネクションパターンの関係の解析研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68. pp.I_1216- I_1220
  • 森 信人・村上裕之・志村智也・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇 (2012) マルチモデルアンサンブルによる気候変動に伴う熱帯低気圧特性の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,pp.I_1251-I_1255.
  • 志村智也・森 信人・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇 (2011) 日本周辺の冬季波候とテレコネクションパターンの関係,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67, pp.1161-1165.
  • 森 信人・志村智也・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇 (2011) マルチモデルアンサンブルに基づく地球温暖化に伴う沿岸外力の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67, pp.1191-1195.
  • 森 信人・志村智也・安田誠宏・間瀬 肇 (2010) 地球温暖化に伴う極大波高の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66, pp.1231-1235.

Conference proceedings or abstracts:

  • Shimura, T. and N.Mori (2017) Future Change of Storm Surge Risk under Global Warming Based on Mega-ensemble Global Climate Projections (d4PDF), Proceedings of Coastal Dynamics 2017, 11p.
  • N.Mori, T. Shimura, H. Kamahori and A. Chawla (2017) Historical Wave Climate Hindcasts Based on JRA-55, Proceedings of Coastal Dynamics 2017, 8p.
  • Shimura, T., N.Mori, T.Yasuda and H.Mase (2014) Future Projection of Ocean Wave Climate Change Using Multi-SST Ensemble Experiments, Proceedings of the 34rd International Conference on Coastal Engineering (ICCE 2014), No.34, 12p.
  • Shimura, T., N.Mori, T.Yasuda and H.Mase (2013) Future Projections of Global Wave Climate by Multi-SST and Multi-Physics Ensemble Experiments, Proceedings of 13th International Workshop on Wave Hindcasting and Forecasting, 9p.
  • Mori, N., T. Shimura, S. Nakajo, D. Tsujio, T. Yasuda, H. Mase and K.D. Suh (2013) Projection of future wave climate change and application to coastal structure design, Proceedings of Breakwater Conference, Edinburgh, 9p
  • Shimura, T., N.Mori, T.Yasuda and H.Mase (2012) Wave Dynamics and Its Impact to Wave Climate Projection, Proceedings of the 33rd International Conference on Coastal Engineering (ICCE 2012), No.33, 11p.
  • Mori, N., T. Shimura, S. Nakajo, T. Yasuda, and H. Mase (2012). Multi-model ensemble projection of future coastal climate change, Proceedings of the 33rd International Conference on Coastal Engineering (ICCE 2012), No.33, 11p.
  • Shimura, T., N. Mori, S. Nakajo, T. Yasuda and H. Mase (2011) Extreme Wave Climate Change Projection at the End of 21st Century, Proceedings of Asia Pacific Coasts 2011 (APAC2011), No.39, 8p.
  • Mori, N., T., Shimura, T. Yasuda and H. Mase (2010) Dynamic Projection of Future Wave Climate Change in Global Scale, The WCRP/JCOMM Workshop on Coordinated Ocean Wave Climate Projections (COWCLIP), World Meteorological Organization, Geneva, 1p.
  • Shimura, T., N. Mori, T. Yasuda and H. Mase (2010) Wave Climate Change Projection at the End of 21st Century, The 32nd International Conference on Coastal Engineering (ICCE2010), No.32, 2p.

Oral/Poster Presentations:

  • Wave Climate Variability and Related Climate Indices, ICCE (America), 2018年
  • Historical Variability and Projected Future Changes in Ocean Wave Spectrum Climate around Japan, COWCLIP meeting (France), 2018年
  • Long Term Impacts of Ocean Wave-dependent Roughness on Global Climate Systems by Coupled Atmospheric Global Climate-wave Model, International Workshop on Waves, Storm Surges and Coastal Hazards (Liverpool), 2017年
  • Future Change of Storm Surge Risk under Global Warming Based on Mega-ensemble Global Climate Projections (d4PDF), Coastal Dynamics (Denmark), 2017年
  • 全球大気気候-波浪結合モデルによる海面粗度を通した波浪の気候への影響評価, 海岸工学講演会 (大阪),2016年
  • Estimation of storm surge risk changes under global warming based on mega-ensemble global climate simulations, CLIVAR (Qingdao), 2016年
  • 北太平洋における冬季の波候と大規模循環場の将来変化予測, 海岸工学講演会 (東京),2015年
  • Robust Future Decrease in Winter Wave Heights over the Western North Pacific and the Relation with Large-Scale Circulation Pattern, COWCLIP meeting (France), 2015年
  • MRI-AGCM3.2Hアンサンブル実験にもとづく気候変動による極大波浪の将来変化予測, 海岸工学講演会 (愛知),2014年
  • Future Changes in Ocean Wave Extremes Based on the Ensemble Experiments of MRI-AGCM3.2H, AOGS (Japan), 2014年
  • Future Projection of Ocean Wave Climate Change using Multi-SST Ensemble Experiments, ICCE (Korea), 2014年
  • Future projection of ocean wave climate based on Japanese MRI-AGCM3.2 ensemble experiments, Seminar@CAWCR (Australia), 2014年
  • 海面水温アンサンブル実験に基づく波浪の将来変化傾向とその不確実性評価, 海岸工学講演会 (福岡),2013年
  • Future Projections of Global Wave Climate by Multi-SST and Multi-Physics Ensemble Experiments, International Workshop on Wave Hindcasting and Forecasting (Canada), 2013年
  • 北半球における波候変動とテレコネクションパターンの関係の解析研究,海岸工学講演会 (広島),2012年
  • Wave Dynamics and Projection of Future Wave Climate, ICCE (Spain), 2012年
  • Extreme Wave Climate Change Projection at the End of 21st Century, APAC (Hong Kong), 2011年
  • 日本周辺の冬季波候とテレコネクションパターンの関係, 海岸工学講演会 (岩手),2011年
  • 地球温暖化に伴う極大波高の将来変化予測,海岸工学講演会 (京都),2010年
  • Wave Climate Change Projection at the End of 21st Century, ICCE (Shanghai), 2010年
  • 地球温暖化に伴う波浪の将来変化予測,土木学会関西支部 (京都),2010年

受賞:

  • 京都大学防災研究所研究発表講演会 優秀発表賞,2016年
    • – 題目: 波浪結合全球大気気候モデルによる波浪の気候への影響評価
  • 海岸工学論文奨励賞,2015年
    • – 対象論文: 志村智也・森 信人・Mark A. Hemer ・安田誠宏・間瀬 肇: 北太平洋における冬季の波候と大規模循環場の将来変化予測
  • 京都大学防災研究所研究発表講演会 優秀発表賞,2015年
    • – 題目: 気候変動に伴う北太平洋の波浪長期変化 と大規模循環場の関係
  • 海岸工学論文賞,2012年
    • – 対象論文: 森 信人・村上裕之・志村智也・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇: マルチモデルアンサンブルによる気候変動に伴う熱帯低気圧特性の将来変化予測
  • 土木学会関西支部年次学術講演会 優秀発表者賞,2010年
    • – 題目: 地球温暖化に伴う波浪の将来変化予測

学位論文:

  • Long Term Projection of Ocean Wave Climate and Its Climatic Factors