第2回京都大学−ハンブルク大学国際シンポジウムに参加