著書・解説

著書 

  1. Mori, N., N. Yoneyama and W. Pringle (2014) Effects of the offshore barrier against the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake Tsunami and lessons learned, in Post Tsunami Hazards Restoration and Reconstruction, Ed.Vicente Santiago-Fandino, Springer, pp.121-132.
  2. 京都大学防災研究所(2014) 巨大地震 なぜ起こる?そのときどうする? (楽しい調べ学習シリーズ),第1章津波災害担当, PHP研究所,63p.
  3. 土木学会関西支部(2013) 東北地方太平洋沖地震による津波災害から学ぶ-南海・東南海地震による津波に備えて- (2013),公益社団法人土木学会関西支部,間瀬 肇・重松孝昌編,247p.
  4. Mori, N., Y. Watanabe, T. Suzuki and A. Okayasu (2013) Turbulence Model, In Computational Wave Dynamics, Eds. H.Gotoh, A.Okayasu and Y.Watanabe, World Scientific Pub., Chapter 2.
  5. Watanabe, Y. and N. Mori (2013) Fundamental Computational Methods, In Computational Wave Dynamics, Eds. H.Gotoh, A.Okayasu and Y.Watanabe, World Scientific Pub., Chapter 3.
  6. Watanabe, Y., N. Mori, H. Gotoh and A. Okayasu (2013) Computational Wave Dynamics for Coastal and Ocean Research, In Computational Wave Dynamics, Eds. H.Gotoh, A.Okayasu and Y.Watanabe, World Scientific Pub., Chapter 10.
  7. Mori, N. (2012) Projection of Future Tropical Cyclone Characteristics based on Statistical ModelIn Cyclones Formation, Triggers and Control, Nova Science Publishers, Inc., pp.249-270.
  8. 土木学会海岸工学委員会研究現況レビュー小委員会編 (2012) 数値波動水槽 -砕波波浪計算の深化と耐波設計の革新を目指して-,土木学会, 第5, 10 ,11章担当, , 224p.
  9. 自然災害と防災の事典 (2011) 海象・海岸災害(4.3.1,4.3.2),丸善,pp.168-172.
  10. Mori, N. (2009) Freak waves, in Hand book of Coastal and Ocean Engineering, Chapter 6, Ed. Young C. Kim, World Scientific Pub. Co., pp.131-150.
  11. Mori, N., S. Kakuno and D.T. Cox (2009) Aeration and bubbles in the surf zone, in Hand book of Coastal and Ocean Engineering, Chapter 5, Ed. Young C. Kim, World Scientific Pub. Co., pp.115-130.
  12. Mori, N. (2002) Two-Color LIF-PIV for Gas Exchange at Air-Water Interface, Advances in Coastal Engineering, vol. 9, Ed. P. Liu and J. Grue, World Scientific Pub. Co., pp.291-293.
  13. Mori, N., M. Imamura and R. Yamamoto (2002) An experimental study of bubble mediated gas exchange for a single bubble, Gas Transfer at Water Surface, JGR monograph, American Geophysical Union, pp.311-315.
  14. 土木学会海岸工学委員会研究現況レビュー小委員会編 (2001) 新しい波浪算定法とこれからの海域施設の設計法 −性能設計法の確立に向けて−,土木学会, 256p., 第3, 6章担当.

解説

  1. 森 信人 (2016) 気候変動の沿岸災害への影響,沿岸技術研究センター機関誌CDIT, 第45号,pp.20-23.
  2. 森 信人 (2015) 気候変動に伴う台風や高波の将来変化について,雑誌「港湾」,第92巻9月号,特別号:沿岸部における気候変動の影響と適応,pp.24-25.
  3. 森 信人・中北英一・竹見哲也・立川康人 (2015) 気候変動にともなう風水害の将来変化予測の現状について,環境情報科学「特集:気候変動-未来選択に向けて」,44巻1号, pp.12-17
  4. 森 信人 (2012) 東北地方太平洋沖地震津波合同調査結果と被災の様子混相流学会誌,26巻,1号,pp.19-27.
  5. 森 信人 (2012) 津波合同調査とその解析結果,雑誌「海岸」,第51巻,特別号:東北地方太平洋沖地震・津波,pp.24-30.
  6. 東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ (2011) 津波合同調査の全体概要とその解析結果,雑誌「河川」,9月号,pp.70-74.
  7. 森 信人・渡部靖憲 (2008) 気泡・飛沫形状と位相速度の画像計測-水の波の砕波混相流のミクロ構造の画像計測-ながれ(日本流体力学会誌),27巻,4号,pp.311-320.
  8. 森 信人・木原直人 (2008) 地球環境における大気・海洋相互作用(グローバル・ミクロな視点から),大気・海洋境界過程のミクロ・マクロ構造, 混相流学会誌,22巻,1号,pp.42-49.
  9. 木原直人・森 信人 (2008) 発電所港湾施設における気象・海象災害の予測と対策,風工学学会誌,1月号,pp.11-16.
  10. 森 信人・角野昇八 (2004) 大気・海洋境界面における気泡と気体輸送ながれ(日本流体力学会誌),23,pp.37−46.

その他

  1. 森 信人 (2016) 気候変動の沿岸災害への影響,沿岸技術研究センター機関誌CDIT, 第45号,pp.20-23.
  2. 地球温暖化が台風を強くした,Newton, 2015年10月号(研究紹介記事)