気候変動予測・影響評価に関するデータ

はじめに

温室効果ガスによる気候の長期変化(気候変化・気候変動)の影響は,気温上昇や海面上昇だけでなく様々な影響を与えることが予測されています.予想されている将来の温かい気候条件は,台風・熱帯低気圧(以下台風)発達に重要な海洋の海面温度の上昇や大気の安定度の変化が予想され,台風の強度や発生頻度にも影響を与えることが疑われています. 気候変動の影響の中で,我が国の沿岸部における自然災害への影響として重要なのは,海面上昇,高潮および高波というハザードの変化予測であり,これと関連して沿岸部の脆弱性の将来変化や適応策が重要となります. 研究室で作成した幾つかの影響予測データについて,以下のように公開します.  

d4PDF台風トラックデータ(全球)

概要

文科省・気候変動リスク情報創生プログラムでは、高解像度全球大気モデルおよび高解像度領域大気モデルを用い、これまでにない多数 (最大100メンバ) のアンサンブル実験を行うことによって、確率密度分布の裾野にあたる極端気象の再現と変化について、議論ができる「地球温暖化対策に資するアンサンブル気候予測データベース、database for Policy Decision making for Future climate change (d4PDF)」を作成しました(参考文献1). 以下はd4PDFデータから,熱帯低気圧の位置,強度,半径などのデータを抽出した台風トラックデータです(参考文献2).イベント抽出等にお使いください.

データについて

計算の概要

d4PDFの計算の概略は元データの解説を参考にしてください.台風の抽出は,Shimura et al. (2016)の方法により行いました.(参考文献3)

データのダウンロード

以下リンクよりダウンロードして下さい.データフォーマットはNetCDFです.詳細は,NetCDFファイルの情報を参照してください.

注意事項

参考文献

  1. Mizuta, R., A. Murata, M. Ishii, H. Shiogama, K. Hibino, N. Mori, O. Arakawa, Y. Imada, K. Yoshida, T. Aoyagi, H. Kawase, M. Mori, Y. Okada, T. Shimura, T. Nagatomo, M. Ikeda, H. Endo, M. Nosaka, M. Arai, C. Takahashi, K. Tanaka, T. Takemi, Y. Tachikawa, K. Temur, Y. Kamae, M. Watanabe, H. Sasaki, A. Kitoh, I. Takayabu, E. Nakakita, M. Kimoto (2017) Over 5000 years of ensemble future climate simulations by 60 km global and 20 km regional atmospheric modelsThe Bulletin of the American Meteorological Society (BAMS), July, pp.1383-1398.
  2. Webb, A., T. Shimura, N. Mori (2019) Global Tropical Cyclone Track Detection and Analysis of the d4PDF Mega-ensemble Projection, Vol.75/2, p. I_1207-I_1212
  3. Shimura, T., N. Mori and M. A. Hemer (2016) Projection of tropical cyclone-generated extreme wave climate based on CMIP5 multi-model ensemble in the Western North PacificClimate Dynamics, Vol.49(4), pp.1449-1462.


d4PDF爆弾低気圧トラックデータ(日本周辺)

概要

文科省・気候変動リスク情報創生プログラムでは、高解像度全球大気モデルおよび高解像度領域大気モデルを用い、これまでにない多数 (最大100メンバ) のアンサンブル実験を行うことによって、確率密度分布の裾野にあたる極端気象の再現と変化について、議論ができる「地球温暖化対策に資するアンサンブル気候予測データベース、database for Policy Decision making for Future climate change (d4PDF)」を作成しました(参考文献1). 以下はd4PDFデータから,日本周辺の急発達低気圧(以下,爆弾低気圧)の位置,強度などのデータを抽出した爆弾低気圧トラックデータです.イベント抽出等にお使いください.

データについて

計算の概要

爆弾低気圧の抽出は,森ら (2017)の方法により行いました.(参考文献2) 幾つかの応用例については,以下の参考文献を参照してください.(参考文献3-5)

データのダウンロード

以下リンクよりダウンロードして下さい.データフォーマットはmatlab binaryです.NetCDFファイルは準備中です.

参考文献

  1. Mizuta, R., A. Murata, M. Ishii, H. Shiogama, K. Hibino, N. Mori, O. Arakawa, Y. Imada, K. Yoshida, T. Aoyagi, H. Kawase, M. Mori, Y. Okada, T. Shimura, T. Nagatomo, M. Ikeda, H. Endo, M. Nosaka, M. Arai, C. Takahashi, K. Tanaka, T. Takemi, Y. Tachikawa, K. Temur, Y. Kamae, M. Watanabe, H. Sasaki, A. Kitoh, I. Takayabu, E. Nakakita, M. Kimoto (2017) Over 5000 years of ensemble future climate simulations by 60 km global and 20 km regional atmospheric modelsThe Bulletin of the American Meteorological Society (BAMS), July, pp.1383-1398.
  2. 森 信人・千綿 蒔・二宮順一・間瀬 肇 (2017) JRA-55を用いた日本周辺の冬期低気圧の長期変動特性について,土木学会論文集 B2 (海岸工学), 73(2),I_487
  3. 千綿蒔, 志村智也, 二宮順一, 森 信人 (2019) 日本周辺の極端波浪の統計的特性と気象・地形要因の関係, 土木学会論文集 B2 (海岸工学), 75(2), I_97-I_102.
  4. 高裕也, 二宮順一, 森 信人, 金洙列 (2019) d4PDF を用いた根室における爆弾低気圧に起因する高潮の将来変化, 土木学会論文集 B2 (海岸工学), 75(2), I_1225-I_1230.
  5. 高 裕也, 二宮順一, 森 信人 (2018) d4PDF を用いた北海道周辺域で停滞する爆弾低気圧による高波の将来変化, 土木学会論文集 B2 (海岸工学), 74(2), I_1327-I_1332.


波浪の将来予測データ

概要

気象庁研究所MRI-AGCMによる将来気候予測にもとづき,全球長期波浪予測を実施しました.全球波浪気候計算に加え,日本沿岸域の高解像度ネスティング計算を実施しました.(参考文献1) 全球および日本周辺の波候評価および 海浜変形等の評価などにつながることを期待し,このデータを公開します.

データについて

計算の概要

気象研究所MRI-AGCM の海上風速および海氷密接度を外力として,スペクトル波浪モデルWAVEWATCH III (version 4.16)を駆動させ,1979年からの波浪計算を実施しました.3段階のネスティング計算により,全球(解像度約60km) -北西太平洋域(17km) -日本周辺(7km)の領域の計算を行いました.(参考文献1)

提供データ変数

  • 年平均値
    • 有義波高
    • 有義波高(平方平均二乗有義波高)
    • 平均周期
    • 平均周期(二乗有義波高による重み付き平均)
    • 平均波向き
    • 平均波向き(二乗有義波高による重み付き平均)
  • 年最大値
    • 有義波高
2種類の平均手法の違いは,下の文献を参照して下さい

データのダウンロード

以下リンクよりダウンロードして下さい.データフォーマットはNetCDFです.詳細は,NetCDFファイルの情報を参照してください.
  • 準備中

参考文献

  1. 志村智也, 森 信人 (2019) 気候変動による日本周辺の波候スペクトルの将来変化予測, 土木学会論文集 B2 (海岸工学), 75(2), I_1177-I_1182.
  2. Shimura, T., N. Mori and M.A. Hemer (2016) Variability and future decreases in winter wave heights in the Western North PacificGeophysical Research Letters, Vol.43(6), pp.2716-2722. doi:10.1002/2016GL067924
  3. Shimura, T., N. Mori and M. A. Hemer (2016) Projection of tropical cyclone-generated extreme wave climate based on CMIP5 multi-model ensemble in the Western North PacificClimate Dynamics, Vol.49(4), pp.1449-1462.


その他

データ利用についてのお願い

利用条件

本データは商業利用も含めて自由に使っていただけます.データの再配布も許可します.データの利用により利用者が不利益を被ったとしても,提供元は責任を問わないことをご了解ください.

引用と報告

本データの詳細は各データ項目に記載した文献に記載しております.また,本データを引用される場合はこれらの文献を引用して下さい.また,利用した成果(論文等)を開発者に送ってもらえると助かります.

更新状況

  • 2020/02/15 公開